<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成29年度)

名古屋厚生会館クリーニングセンター

『機器備品整備 エアーコンプレッサー、レシーバタンク』

赤い羽根募金からの助成額
2,360,000 円
具体的な活動内容

〈現在の状況〉当施設ではクリーニング作業を行っており、クリーニング作業機器にはエアーが必要不可欠である。現有のコンプレッサーは3台(昭和57年、平成5年、平成23年導入)あり、内2台の老朽化が激しく不調が発生し修理部品も調達困難なため、エアー不足による機器の稼働停止による作業への影響を解消したい。
〈どのように改善したいか〉3台の内2台を廃棄し、1台を導入するとともに、新たにレシーバタンクを新設したい。
〈期待される効果〉レシーバタンクを新設することにより、コンプレッサーの交互運転の際に余ったエアーを貯めておくことで安定した運転が図れるようになり、省エネにもつながる。

ありがとうメッセージ

 この度は配分金をいただき、クリーニングセンターのエアーコンプレッサー・レシーバータンクの機器整備を無事行うことができ、誠にありがとうございました。クリーニング作業においてエアーは必要不可欠なもので、クリーニングプレス機のプレスの上げ下ろしを含め、大型洗濯機の運転においても安定したエアーが供給されないと円滑な作業は行えません。今回はレシーバータンクも設置できましたので、余ったエアーを溜めておくことも可能となりました。メンテナンスもしっかり行い、長く使用できるよう努めます。

いただいた寄付金は愛知県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 機器備品整備 エアーコンプレッサー、レシーバタンク
活動の目的 社会福祉施設支援
団体名 名古屋厚生会館クリーニングセンター
活動の対象 低所得者・要保護世帯
活動のテーマ・分野 生活困窮者支援
活動の機能・形態 備品・機器・車両整備
活動内容の補足事項 機器備品整備 エアーコンプレッサー レシーバタンク
助成金の使途 備品購入費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
1
総利用者数
30
収入の内訳
共同募金助成額
2,360,000
活動を実施した場所 名古屋厚生会館クリーニングセンター
活動を実施した年度 平成30年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人愛知県共同募金会

〒461-0011 名古屋市東区白壁 一丁目50番地 愛知県社会福祉会館内
TEL:052-212-5528 FAX:052-212-5529
URL:http://www.aichi-akaihane.or.jp/

ページトップへ戻る