<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成29年度の募金をもとに行われた活動)

福島県保護司会連合会

『研修用OA機器整備事業』

赤い羽根募金からの助成額
200,000 円
具体的な活動内容

「更生保護」とは、犯罪や非行をした人達が再び罪を犯さず、社会の中で立ち直ることができるよう助けたり、犯罪や非行を防止するための社会づくりを行う制度であるが、一般市民にはあまり浸透していないのが実情である。
そこで、県内18地区における保護司会組織活動や保護司個々人の資質向上を図るため、共同募金の配分金を活用して、研修用のOA機器の整備を行う。今回は3年計画の2年目に当たり、プロジェクターを整備する予定としている。
これらの機器を整備することにより、専門知識の普及やタイムリーな情報提供を目的とした様々な研修会において、より一層の理解促進・効率化等が図られるものと期待している。

ありがとうメッセージ

このたびは、地域社会の皆様からお寄せいただいた共同募金の中から、私ども保護司会に貴重な財源を配分していただき、誠にありがとうございます。
私たち保護司は、罪を犯した人の立ち直り支援だけではなく、犯罪や非行を生まない地域づくりのための啓発活動も大切な職務の1つです。法務省が主唱している“社会を明るくする運動”は、全ての国民が犯罪や非行の防止と罪を犯した人の立ち直りについて理解を深め、犯罪や非行のない社会を築こうとするものです。
このため、地区保護司会組織活動や保護司個々の質的向上を図る専門的知識の普及やタイムリーな情報提供を目的とした諸研修活動を必要としております。このたびの配分金は、研修用OA機器整備に充当させていただき、県内保護司の資質向上や地区保護司会の研鑽活動において、理解の効率化と確実性を確保するものと思います。寄付者の皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

いただいた寄付金は福島県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 研修用OA機器整備事業
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 福島県保護司会連合会
活動の対象 更生保護関係者
活動のテーマ・分野 更生保護
活動の機能・形態 備品・機器・車両整備
活動内容の補足事項 研修用OA機器(プロジェクター、プリンター、デジタルカメラ)
助成金の使途 備品購入費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
1
総利用者数
350
収入の内訳
共同募金助成額
200,000
活動を実施した場所 福島県保護司会連合会
活動を実施した年度 平成30年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人福島県共同募金会

〒960-8141 福島県福島市 渡利字七社宮111 県総合社会福祉センター
TEL:024-522-0822 FAX:024-528-1234
URL:http://www8.ocn.ne.jp/~akaihane/
e-mail:akaihane@axel.ocn.ne.jp

ページトップへ戻る