<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成29年度の募金をもとに行われた活動)

福島いのちの電話

『相談員の増加を目的とした広報事業』

赤い羽根募金からの助成額
300,000 円
具体的な活動内容

全国的に自殺者数は減少傾向にあると言われているが、本県は震災及び原発事故の影響もあり、自殺者数の増加が懸念されている。しかしながら、本県の相談員数は横ばいの状況が続いており、相談員の養成・確保が焦眉の課題となっている。
県民に広く電話相談活動の周知を行うとともに相談員を広く募集するため、共同募金の配分金を活用して、既存の広報誌の内容の充実を図る。
<参考>
広報誌…年2回発行(1回当たり5,000部)

ありがとうメッセージ

福島いのちの電話は、「ひとりぼっちで悩まずに」をスローガンに人々の悩みや苦しみを解決する手助けを行うため、ボランティア相談員による電話相談を行っております。
平成30年における全国の自殺者数は10年連続で減少しておりますが、本県の場合は増加傾向にあり、これは東日本大震災及び原発事故の影響も少なからず関係しているものと考えられます。
このような実態を見据え、自殺予防を使命とする当法人としては、自殺対策に多くの県民が関心を持ち、他人事ではなく身近な問題として考えてもらえるよう、共同募金の配分金を活用して広報誌の内容やページ数の充実を図りました。完成した広報誌は、早速、県民及びゲートキーパーの皆さんに配布し活用させていただきます。
今後とも「孤独感に悩み、苦しんでいる方々」に寄り添うことができるよう努めて参ります。寄付者の皆様には改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

いただいた寄付金は福島県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 相談員の増加を目的とした広報事業
活動の目的 その他の地域福祉支援
団体名 福島いのちの電話
活動の対象 住民全般
活動のテーマ・分野 社会的孤立防止
活動の機能・形態 情報提供
活動内容の補足事項 広報誌の発行
助成金の使途 広報費
通信運搬費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
2
総利用者数
10,000
部数・個数
10,000
部・個
収入の内訳
共同募金助成額
300,000
活動を実施した場所 福島いのちの電話
活動を実施した年度 平成30年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人福島県共同募金会

〒960-8141 福島県福島市 渡利字七社宮111 県総合社会福祉センター
TEL:024-522-0822 FAX:024-528-1234
URL:http://www8.ocn.ne.jp/~akaihane/
e-mail:akaihane@axel.ocn.ne.jp

ページトップへ戻る