<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成29年度の募金をもとに行われた活動)

NPO法人元気やネット

『いっしょに向き合おう、お金、家族関係、仕事のストレス』

赤い羽根募金からの助成額
820,000 円
具体的な活動内容

いっしょに向き合おう、お金、家族関係、仕事のストレス
【期日】9月~3月(年18回)
【会場】みやの森カフェ
【参加者数】のべ265人
・当事者茶話会 5~6名×6回 参加者のべ26人
・講座6回「あなたは家族に苦しめられることはありますか?」「DVってどんなこと?」「カサンドラ症候群とは」「グループワーク」「私に気づく、私を知る」 「お金の話」「これからの人生設計」参加者のべ104人
・アフターフォロー6回 参加者のべ37人
・小冊子配布98冊
(準備会 みやの森カフェ 4名×3回)
講師の方自身もカサンドラ症候群で、ご主人がASD(自閉症スペクトラム症、アスペルガー症候群)というご夫婦で、揃って東京から来てくださり、グループワークでは、ASDであるご主人の行動パターンや、思いを、ご自身から直接伺うことができて大変大きな学びとなりました。

ありがとうメッセージ

今回、カサンドラ症候群についての講座「カサンドラ症候群とは」「脱出力!カサンドラ」「カサンドラのためのグループワーク」の参加者が、他の講座の倍以上あり、大きなニーズを感じました。ASDという発達障害があると、本人は純粋であるのにコミュニケーションがうまくいかず、ASD本人も、そのパートナーも傷つきます。このような状態をASDの周囲の人々がまず、ASDの特性を理解し、通常とは違う行動への違和感を無くし、言葉掛けも工夫することで、発達障害者の差別解消に繋がり発達障害を持つ方々が、地域で安心して暮らしやすくなると感じました。ASDについては支援機関も出来てきましたが、そのパートナーの苦悩(会話が成り立たない。思いがけない行動をとる等)はまだ社会では理解されていません。今回多くの方から継続を希望されたので、自助会のたちあげを目指して、活等を続けてまいります。本当にありがとうございました。

いただいた寄付金は富山県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 いっしょに向き合おう、お金、家族関係、仕事のストレス
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 NPO法人元気やネット
活動の対象 家族
介護者・家族
介助者・家族
住民全般
母親、女性
活動のテーマ・分野 その他の地域福祉
活動の機能・形態 研修・学習・体験
活動内容の補足事項 いっしょに向き合おう、お金、家族関係、仕事のストレス
助成金の使途 謝礼
施設・備品の借上料
広報費
資料・資材作成費
通信運搬費
旅費交通費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
18
総利用者数
265
収入の内訳
共同募金助成額
820,000
活動を実施した場所 みやの森カフェ(砺波市)
活動を実施した年度 平成30年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人富山県共同募金会

〒930-0094 富山市 安住町5-21 富山県総合福祉会館内
TEL:076-431-9800 FAX:076-432-6124
URL:http://www.akaihane-toyama.or.jp
e-mail:info@akaihane-toyama.or.jp

ページトップへ戻る