<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成29年度)

山口県民生委員児童委員協議会

『災害対策のための活動~日頃の見守り活動を活かして~』

赤い羽根募金からの助成額
500,000 円
具体的な活動内容

山口県民生委員児童委員協議会に設置している部会のうち、市町民生委員児童委員協議会の会長が主になり構成されている企画・組織部会において、民生委員・児童委員が日頃から行っている見守り活動を、災害時にどのように活かすことができるか協議する。災害を経験した方へ困りごと等の聞き取りや、災害を想定した際の課題などを協議し、見守り対象者をどのように関係機関につないでいくか、災害時の動き方についても考え、山口県民生委員児童委員協議会として、災害時に民生委員・児童委員としてできる対応について紹介するパンフレットを作成する。 
 作成部数・・・5,000部  
 配布先・・・関係機関(1,000部)、民生委員・児童委員(4,000部)

ありがとうメッセージ

民生委員・児童委員は、常に住民の立場に立って相談・支援活動を行っておりますが、近年その活動も多岐にわたる状況です。 このような中、地震、豪雨など相次いで大規模な自然災害が日本各地で起こり、民生委員・児童委員は災害対策について再確認する必要があると考えました。 民生委員・児童委員は災害対策について再確認する必要があると考えました。 民生委員・児童委員が日頃から行っている見守り活動が、災害時にどのように活かすことができるかを紹介した「リーフレット」と、見守り対象者の方が外出先で何かあった際に緊急連絡先等を記入することができる「安心カード」を作成させていただきました。地域住民にとって相談しやすい環境作りを取り組むことで、地域の方々が安心して暮らせる地域づくりに、役立つ事と思います。寄付者の皆さま、本当にありがとうございました。

いただいた寄付金は山口県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 災害対策のための活動~日頃の見守り活動を活かして~
活動の目的 災害対応・防災
団体名 山口県民生委員児童委員協議会
活動の対象 住民全般
活動のテーマ・分野 災害対応・防災
活動の機能・形態 資材・広報物制作
活動内容の補足事項 民生委員・児童委員の対応についてのパンフレット
助成金の使途
活動の頻度・利用者数・個数・部数
総利用者数
50
収入の内訳
共同募金助成額
500,000
活動を実施した場所 県内全域
活動を実施した年度 平成30年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■山口県共同募金会


TEL: FAX:

ページトップへ戻る