<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成29年度)

和歌山県障害者フライングディスク協会

『わかやま障害者フライングディスク大会及び普及教室事業』

赤い羽根募金からの助成額
60,000 円
具体的な活動内容

障害のある方でスポーツを実施している方は、健常者に比べて少ないといわれている。学校を卒業するとスポーツをする機会が少なくなり、スポーツに関する情報も入手しにくくなる。「スポーツは敷居が高い」と感じている方も多いので老若男女、障害の程度や種類も関係なく楽しめるフライングディスクを普及し、スポーツをするきっかけ作りをしたい。また、定期的に教室を開催することにより、全国障害者スポーツ大会等に出場する選手の育成にも寄与する。定期的にフライングディスク教室を実施することで継続的にスポーツを楽しむ機会が提供できる。重度の身体障害がある方の場合、ディスクを見るために目を動かしたり、ディスクを握ることが筋肉運動となる。障害の程度にあわせ、1人1人の目標に合わせた指導をすることで、全ての方が楽しむことができる。大会開催により、到達目標が明確になり、練習を継続する動機となる。

ありがとうメッセージ

皆さまの寄付のお陰でフライングディスクを多くの方に知って頂き、楽しんで頂いております。障害者フライングディスクは、年齢、性別、障害の程度に関係なく、自分の目標に向かって楽しむことができるスポーツです。普及教室で練習した成果を、大会という場で披露することができ、その結果を糧に、継続して取り組むモチベーションになっています。自宅にこもりがちだった方が、練習の機会を捉えて外出するようになる等、よい影響を与えています。普及教室を続けることで、障害のある方が外出する機会の一つとなり、生活を豊かにしていただく一助となればと考えます。また、大会を継続することで、モチベーションの維持に繋がればと考えます。今後も、皆さまのご協力、よろしくお願いします。

いただいた寄付金は和歌山県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 NHK歳末たすけあい
活動の名称 わかやま障害者フライングディスク大会及び普及教室事業
活動の目的 その他の地域福祉支援
団体名 和歌山県障害者フライングディスク協会
活動の対象 障害児者全般
活動のテーマ・分野 障害者福祉
活動の機能・形態 啓発・普及
活動内容の補足事項 障害者フライングディスク大会の実施、教室、普及活動
助成金の使途 広報費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
15
総利用者数
900
収入の内訳
共同募金助成額
60,000
活動を実施した場所 和歌山市
活動を実施した年度 平成30年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人和歌山県共同募金会

〒640-8319 和歌山県和歌山市 手平2丁目ー1-2 県民交流プラザ和歌山ビッグ愛7F
TEL:073-435-5231 FAX:073-435-5232
e-mail:akaihane@naxnet.or.jp

ページトップへ戻る