<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成30年度の募金をもとに行われた活動)

朝日町児童クラブ連合会

『このゆびとまれin国立立山青少年自然の家』

赤い羽根募金からの助成額
136,588 円
具体的な活動内容

令和2年1月18日(土)~19日(日)にかけ、国立立山青年自然の家にて実施し、児童、保護者・スタッフ合わせて23名の方が参加した。
 1日目は班に分かれてスノービレッジ作り、テントサイトでのイグレー作り、雪上でのスノーキャンプ作り、ナイトプログラムとしてソリ遊び、また、雪上テント伯を実施した。
 2日目は上学年と低学年にわかれて、活動を実施。上学年は、クロスカントリースキー、低学年は雪遊びを実施した。

ありがとうメッセージ

 朝日町児童クラブ連合会では「やり遂げることにより、自信を持つとともに冬季の野外活動を行うことにより協力性を高める」ことを目的に雪上でのテント泊をメインとした行事「このゆびとまえin立山青年自然の家」を開催しています。
 今年度は大人、子ども、スタッフ合わせて27名が参加。イグルー作りやクロスカントリースキーなどを行い、冬の立山を満喫し、充実した2日間となりました。本行事では、テントの組み立て、スキー用具やシュラフの取り扱いなどを、小さい子どもも含めすべて自分たちで行います。子どもたちにとってはゲーム機から離れ、自然の中で日常ではできないことを体験する貴重な機会となっていることと思います。この行事を実施するにあたり、共同募金会から助成していただき、より充実した内容とすることができました。本当にありがとうございました。

いただいた寄付金は下新川郡朝日町で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(地域)
活動の名称 このゆびとまれin国立立山青少年自然の家
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 朝日町児童クラブ連合会
活動の対象 児童
青少年
家族
活動のテーマ・分野 児童福祉
活動の機能・形態 交流・イベント
活動内容の補足事項 このゆびとまれ in 国立立山青少年自然の家
助成金の使途 謝礼
保険料
入場料・使用料
資料購入費
材料等購入費
見舞金品・祝い金品
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
1
総利用者数
23
収入の内訳
共同募金助成額
136,588
活動を実施した場所 国立立山青年自然の家
活動を実施した年度 令和元年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■富山県共同募金会朝日町共同募金委員会

〒939-0741 下新川郡朝日町泊 418 五叉路クロスファイブ2階
TEL:0765-83-0576 FAX:0765-83-1589
e-mail:syakyou@pri.town.asahi.toyama.jp

ページトップへ戻る