<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成30年度)

愛厚ならわ学園

『機器備品整備 テント(2)』

赤い羽根募金からの助成額
280,000 円
具体的な活動内容

<現在の状況>当施設は軽度の情緒障害児が入所し、臨床心理的治療、生活指導、学習指導等を通じて情緒障害の治療を行っている。社会性を身につけることが難しい児童も多く、集団生活の中でルールを学ぶよう指導しており、スポーツ活動を教育の一つとして取り入れている。児童の特性上、持ち物や共有物を丁寧に扱うことができず、感情の高ぶりから破損や紛失することもあり、日々の消耗品や備品など生活必需品を購入することが最優先となり、テントの購入は先送りになっていました。
<どのように改善したいか>3m×6mの施設名の入ったテントを購入し、試合や酷暑時の練習の際の熱中症を予防する。購入予定のテントは女性でも持ち運びができ、組み立ても簡単であるため、試合の遠征時など、日陰の無い会場においても活用することができる。
<期待される効果>遠征の際にもテントを持参し、安全にスポーツやイベント等行うことができます。

ありがとうメッセージ

 この度は過分なる寄付金をいただきまして、誠にありがとうございます。これまでは、他の施設からテントを借用していましたが、自分たちの施設の名前が入った立派なテントをいただき、子ども達も職員も大変喜んでいます。当学園では、スポーツやグループ活動を通して、対人関係の大切さを学んでおります。これからは暑い時期の野球やサッカー等のクラブ活動や対戦試合等で気軽に使用することができ、安全に屋外での活動が出来るようになりました。皆様からの温かいご厚意であることをつたえております。子ども達は多くの方々から支えられていることを実感するでしょう。私達職員も、未来ある子ども達が健全に成長していく様、精一杯頑張っていく所存です。今後ともご支援賜ります様お願い致します。

いただいた寄付金は愛知県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 歳末たすけあい
活動の名称 機器備品整備 テント(2)
活動の目的 社会福祉施設支援
団体名 愛厚ならわ学園
活動の対象 児童
その他
発達障害児・被虐待児・軽度の非行
活動のテーマ・分野 児童福祉
活動の機能・形態 備品・機器・車両整備
活動内容の補足事項 機器備品整備 テント(2)
助成金の使途 備品購入費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
1
総利用者数
47
収入の内訳
共同募金助成額
280,000
活動を実施した場所 愛厚ならわ学園運動場等
活動を実施した年度 平成30年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人愛知県共同募金会

〒461-0011 名古屋市東区白壁 一丁目50番地 愛知県社会福祉会館内
TEL:052-212-5528 FAX:052-212-5529
URL:http://www.aichi-akaihane.or.jp/

ページトップへ戻る