<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成30年度)

重症児デイサービスhoshi

『福祉車両整備 (車いす仕様)(2000cc)(乗車定員7人)』

赤い羽根募金からの助成額
2,500,000 円
具体的な活動内容

<現在の状況>当施設の利用者は中学生、高校生が多く、子ども達の成長と共に車いすも大型化してきている。中にはストレッチャーを利用している子どももおり、現有車両では1台につき1人しか送迎ができないケースが増えてきている。
<どのように改善したいか>1台で車いす2人(またはストレッチャー)の乗車が可能な車両を整備し、送迎できる利用者を増やしたい。
<期待される効果>医療的ケアが必要な子どもには看護師の同乗が必要であり、送迎を断る場合があったが、要望車両を整備することで、1台で利用者2人の医療的ケアを看護師が行うことができ、家族の負担を軽減することができる。

ありがとうメッセージ

 この度は配分金を交付いただき有難うございました。私達は重度の身体障害を併せ持った「重症心身障害児」又は日常的に医療的な行為(呼吸器具や胃ろうなど)が必要な「医療的ケア児」が地域社会で育むために、社会交流の場や放課後におけるコミュニケーションの場を提供させていただいております。利用児のほとんどがバギーと呼ばれる成人が使用する車いすよりも大きく重い補助車を利用している為、施設までの移動や自宅までの送迎には乗降するリフトがついている特殊な車両が必要になります。又、施設の定員5名が全員移動するには最低でも3台必要になります。利用者の帰る方向が異なると今までは往復したり遠回りしていた為、台数を増やせたことで効率が良くなり、利用者の負担を軽減する事が出来たと思っております。

いただいた寄付金は愛知県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 福祉車両整備 (車いす仕様)(2000cc)(乗車定員7人)
活動の目的 日常生活支援
団体名 重症児デイサービスhoshi
活動の対象 心身障害児者
活動のテーマ・分野 障害者福祉
活動の機能・形態 備品・機器・車両整備
活動内容の補足事項 福祉車両整備 (車いす仕様)(2000cc)(乗車定員7人)
助成金の使途 車両購入費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
1
総利用者数
15
収入の内訳
共同募金助成額
2,500,000
活動を実施した場所 重症児デイサービスhoshi
活動を実施した年度 令和元年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人愛知県共同募金会

〒461-0011 名古屋市東区白壁 一丁目50番地 愛知県社会福祉会館内
TEL:052-212-5528 FAX:052-212-5529
URL:http://www.aichi-akaihane.or.jp/

ページトップへ戻る