<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成28年度)

公益社団法人認知症の人と家族の会富山県支部

『2017国際会議イン京都開催に伴う世界の仲間を迎えた全国本人交流会事業』

赤い羽根募金からの助成額
250,000 円
具体的な活動内容

 2017年4月に京都でADI(世界アルツハイマー病協会)国際会議が開催され、世界60数か国から4,000名が参加、県内からは本人を含む18名が参加、世界の仲間と交流会を開催、国際会議では本人の思いを発表したり、11年に及ぶ交流会の様子を発表、また出前認知症カフェには世界の仲間が参加し、通訳をつけながら交流を図った。また、絵手紙教室も開催、世界の仲間も日本の文化に触れて交流ができた。11年目に入った朝日町での2泊3日の「本人交流会」は全国5ブロックでの開催の広がりをみせている。本人、家族、支援する仲間たちが共通の思い、認知症への理解や日常生活での楽しみ方や介護方法など、ゆっくり、じっくり話し合い、介護への勇気と励ましの機会となった。
【日時:29年4月~10月 会場:朝日町、京都】

ありがとうメッセージ

認知症の当事者にとっては病気への不安と同時に社会的な孤立感を感じることが多い。そんな中で国際会議は世界60数か国から本人200名を含む4,000名の仲間が集まることの意義は大きい。そんな中で日頃の活動を世界の仲間と共有し、同じ悩みを抱える仲間との交流は大きな励みであり、勇気である。認知症という病気があっても、生き生きと活動する仲間の存在は明日への活力につながり、日常生活を豊かにしてくれる。また、2泊3日、同じ仲間が集まり、ゆっくり、じっくり話し合うことで明るく笑顔になれる。認知症の人が700万人時代に突入し、認知症は他人事ではなく、多くの県民の方々から応援していただいていることで、生きる勇気が湧いてきます。認知症になっても安心できる富山県にしましょう!援助に感謝します。

いただいた寄付金は富山県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 2017国際会議イン京都開催に伴う世界の仲間を迎えた全国本人交流会事業
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 公益社団法人認知症の人と家族の会富山県支部
活動の対象 要支援高齢者
要介護高齢者
介護者・家族
住民全般
ボランティア
活動のテーマ・分野 その他の地域福祉
活動の機能・形態 交流・イベント
活動内容の補足事項 2017国際会議イン京都開催に伴う世界の仲間を迎えた全国本人交流会事業
助成金の使途 謝礼
施設・備品の借上料
消耗品費
旅費交通費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
1
総利用者数
4,000
収入の内訳
共同募金助成額
250,000
活動を実施した場所 朝日町、京都市
活動を実施した年度 平成29年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人富山県共同募金会

〒930-0094 富山市 安住町5-21 富山県総合福祉会館内
TEL:076-431-9800 FAX:076-432-6124
URL:http://www.akaihane-toyama.or.jp
e-mail:info@akaihane-toyama.or.jp

ページトップへ戻る