<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成28年度)

公益社団法人認知症の人と家族の会富山県支部

『若年認知症就労支援「認知症カフェ」富山・高岡地域での居場所を広げる事業』

赤い羽根募金からの助成額
1,226,000 円
具体的な活動内容

若年認知症の人の居場所と社会とのつながり、役立ちたいおいう思いを「仕事」につなげることで日々の暮らしに充実感がわき、症状の進行も緩やかになっています。富山会場では、毎週1回とそれ以外に介護家族で仕事を持っている人のために土曜日も開催毎月5から6回、定期化されて安心の居場所になっています。高岡会場も月2回は定例化し、輪が広がっています。2017年度の参加者は121回開催で1,953名の参加がありました。何よりも毎回、本人と家族がペアになって準備や飲み物の配布など中心になって進行します。手当は毎回きちんと手渡すことで「仕事をしている」という自信が笑顔につながり、症状の進行も緩やかになっています。何よりも家族も本人も笑顔になっています。
【日時:平成29年4月~平成30年3月 会場:富山・高岡市内】

ありがとうメッセージ

何よりも認知症の本人たちの「働きたい」という願いをかなえる場として、認知症カフェでのスタッフとしての働き、コーヒーや飲み物の準備、お菓子の配布、全体の進行など活躍の場として定着している。一人ひとりの耀きの場、笑顔の場となっており、自信を回復する場ともなっている。毎回10組以上の参加があり、新しい参加も増えています。早期発見が早期絶望にならないように、カフェの場は交流の場であり、認知症になってもやれることはたくさんあることを県民の方々にも知らせています。カフェの様子はホームページでも紹介しており、それを見ての電話相談やカフェへの参加が増えています。今や65歳以上の5人に一人が認知症になる時代、このような居場所があることで、早期発見とその後の生活にも希望が見いだせます。支援に感謝します。

いただいた寄付金は富山県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 若年認知症就労支援「認知症カフェ」富山・高岡地域での居場所を広げる事業
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 公益社団法人認知症の人と家族の会富山県支部
活動の対象 高齢者全般
要介護高齢者
要支援高齢者
高齢者世帯
介護者・家族
住民全般
ボランティア
活動のテーマ・分野 高齢者福祉
活動の機能・形態 つながり支援
活動内容の補足事項 若年認知症就労支援「認知症カフェ」富山・高岡地域での居場所を広げる事業
助成金の使途 謝礼
施設・備品の借上料
広報費
研修費
消耗品費
旅費交通費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
121
総利用者数
36,000
収入の内訳
共同募金助成額
1,226,000
活動を実施した場所 富山・高岡
活動を実施した年度 平成29年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人富山県共同募金会

〒930-0094 富山市 安住町5-21 富山県総合福祉会館内
TEL:076-431-9800 FAX:076-432-6124
URL:http://www.akaihane-toyama.or.jp
e-mail:info@akaihane-toyama.or.jp

ページトップへ戻る