<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成28年度)

公益社団法人認知症の人と家族の会富山県支部

『「介護うつ」を軽減するための地域への出前カフェ事業』

赤い羽根募金からの助成額
450,000 円
具体的な活動内容

認知症に人を抱える介護家族の多くは「介護うつ」の状態にあり、そのことが本人の症状の進行に大きく影響します。介護うつは介護をする気持ちを失わせ、多くの場合、一度は一緒に「死のう」とさえ考えます。富山、高岡などのつどいの定例化できていない郡市の朝日町や井波町など、要望のある地域に出かけて出前カフェを開催。ゆっくり話せる事や同じ仲間ががいることで、介護者自身がが元気を回復するきっかけとなりました。何よりも認知症という病気の事や対応の仕方などを同じ仲間から聞きますので、説得力もあり励みになりました。地域での出会いから富山、高岡のつどいへの参加につながり、孤立していた家族が仲間の力で笑顔が取り戻せました。
【日時:平成29年4月~平成30年3月(30回) 会場:富山県内各地域】

ありがとうメッセージ

認知症の人を抱える家族にとって、病気への不安や経済的な不安、日常生活の不安などで孤立感が大きく、多くの家族は「介護うつ」となり、介護への重苦しさや拒否感などが強く、場合によっては虐待などにつながる場合もあある。認知症であるがゆえに近所の人や民生委員などにも相談しづらく、そのことが介護を重くしている。同じ悩みを持つ家族と話したり、認知症の基礎的な知識や対応の仕方を学ぶことで、孤立感の解消や今後の介護や介護サービスの利用などのアドバイスを受けることで介護に対する勇気を持つことが出来る。共同募金の支援のおかげで、地域に散在する認知症の介護家族への橋渡しのきっかけや地域の包括支援センターの利用につながる場合が多い。認知症に対する正しい理解が広がる中で介護うつ」の減少が期待される。

いただいた寄付金は富山県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 「介護うつ」を軽減するための地域への出前カフェ事業
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 公益社団法人認知症の人と家族の会富山県支部
活動の対象 介護者・家族
要介護高齢者
要支援高齢者
高齢者世帯
住民全般
ボランティア
活動のテーマ・分野 その他の地域福祉
活動の機能・形態 相談
活動内容の補足事項 「介護うつ」を軽減するための地域への出前カフェ事業
助成金の使途 謝礼
施設・備品の借上料
広報費
消耗品費
旅費交通費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
30
総利用者数
20,000
収入の内訳
共同募金助成額
450,000
活動を実施した場所 富山県内各地域
活動を実施した年度 平成29年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人富山県共同募金会

〒930-0094 富山市 安住町5-21 富山県総合福祉会館内
TEL:076-431-9800 FAX:076-432-6124
URL:http://www.akaihane-toyama.or.jp
e-mail:info@akaihane-toyama.or.jp

ページトップへ戻る