<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成28年度)

財団法人富山県アイバンク

『献眼推進のための普及啓発グッズ製作事業(マグネット製作)』

赤い羽根募金からの助成額
600,000 円
具体的な活動内容

 県内には献眼登録者は約203,000人いる。しかし、年間の献眼者数は20~25件と登録者数に比べてまだ低く、献眼登録者の提供意思を決定するのは家族にあり、家族の同意がないと提供できない。提供に関する意識の向上を図るために登録者や家族、病院、施設の医療従事者への啓発が必要であり、新しく献眼登録者を増やすことも重要である。献眼登録者や県民並びに医療従事者への献眼意識の向上と角膜移植が必要な視覚障害者の方々への情報提供を図るために普及啓発グッズを作成した。10月15日に開催した富山県アイバンク設立25周年記念大会に参加者や医療機関院内コーディネーター等へ配布し、啓発に努めた。今後、新規登録者へも配布する。
【日時:平成29年10月15日 会場:富山県内】

ありがとうメッセージ

10月15日に富山県民会館において「富山県アイバンク設立25周年記念大会」開催した際に来場者へ配布し、啓発に努めました。また、県内の医療機関や院内コーディネーターなどの医療従事者への啓発として配布しました。今後は新規献眼登録者へ登録カードを発行する際に同送する予定です。ここ数年、医療従事者への啓発を行うことにより提供は増加しています。今後も医療機関への啓発が重要な鍵を握っていると思いますので、啓発の際に積極的にグッズを利用したいと思っています。角膜移植により視力を回復し角膜疾患の患者が早期に社会復帰されることを願って啓発活動に努めていきたいと思います。

いただいた寄付金は富山県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 献眼推進のための普及啓発グッズ製作事業(マグネット製作)
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 財団法人富山県アイバンク
活動の対象 住民全般
住民
活動のテーマ・分野 保健・医療
活動の機能・形態 啓発・普及
活動内容の補足事項 献眼推進のための普及啓発グッズ製作事業(マグネット製作)
助成金の使途 資料・資材作成費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
1
総利用者数
3,000
部数・個数
3,000
部・個
収入の内訳
共同募金助成額
600,000
活動を実施した場所 富山県内
活動を実施した年度 平成29年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人富山県共同募金会

〒930-0094 富山市 安住町5-21 富山県総合福祉会館内
TEL:076-431-9800 FAX:076-432-6124
URL:http://www.akaihane-toyama.or.jp
e-mail:info@akaihane-toyama.or.jp

ページトップへ戻る