<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成30年度)

支えてネットワーク

『ひきこもり社会復帰応援事業』

赤い羽根募金からの助成額
2,000,000 円
具体的な活動内容

①ひきこもり支援事業  
 和の家において、ひきこもりの人達を対象とした、「初期相談」→「外出トレーニング(居場所づくり)」→「就労体験」→「企業インターン」といった切れ目のない支援を実施する。
 ひとりひとりの目標や特性に合わせて、定期的な評価を行いながら、必要な支援プログラムを提供していく。またそれらを他の機関でも実施できるようマニュアル化していく 。
②就労マッチング事業
 企業を訪問し、短時間労働や業務の細分化、ワークシェアなど多様な働き方によるメリットを伝え、インターン受入などの働きかけを行う。                              
 ひきこもりの中間就労に関する課題、今後必要な取り組みについてビジョンなどを共有する

ありがとうメッセージ

最近では、個人や世帯が抱える生きづらさが複雑化・多様化し、ひきこもる人達も多く、適切なサポートにつながれず、制度の狭間におかれてしまうとの現状もあり、「8050問題」など社会問題としても深刻化しています。そんな中、本人と一緒に家族も苦しみ、共に孤立している状況が起きていると感じ、そんな人々を家族ごと支える仕組みが必要と考え、今年も切れ目のない支援などの活動を行ってきました。
また、セーフティネット整備のい向けて、関係機関とのネットワークをスタートさせることもできました。
今年も皆様からの善意のおかげで、赤い羽根共同募金からの助成を受け、ひきこもり支援への活動が継続できました。皆さまからの貴重なご寄付に感謝し、ひきこもり支援の為、有効に活用させていただいています。ご支援ありがとうございました。

いただいた寄付金は山口県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 ひきこもり社会復帰応援事業
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 支えてネットワーク
活動の対象 住民全般
ひきこもり
活動のテーマ・分野 社会的孤立防止
活動の機能・形態 就労支援
活動内容の補足事項 個別の支援プログラム提供
助成金の使途 保険料
資料購入費
材料等購入費
企画・調査・研究費
広報費
資料・資材作成費
設置費
実費弁償
活動の頻度・利用者数・個数・部数
総利用者数
50
収入の内訳
共同募金助成額
2,000,000
活動を実施した場所 山口県全域
活動を実施した年度 令和元年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■山口県共同募金会


TEL: FAX:

ページトップへ戻る