<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成30年度)

社会福祉法人富山県聴覚障害者協会

『富山県手話言語条例の啓発映像制作事業』

赤い羽根募金からの助成額
150,000 円
具体的な活動内容

【収録期間】 年6回(11月~3月)
平成30年4月1日から施行された富山県手話言語条例の条文を、ろう者の言語である手話言語に翻訳して収録し、日本語の条文と見比べながら、条文を理解することができる映像を収録、編集しました。また、同条例が制定された経過、背景、意義など、手話言語による解説を収録するとともに、啓発パンフに掲載の手話表現を、聞こえる人に知ってもらうため、入門的な手話表現を収録しました。一部を令和2年3月1日(日)の耳の日福祉集会&センター13周年イベントにて上映し、感想や意見を聞き、制作委員会で編集方針を確認しDVDを制作しました。また本会のホームページに手話動画としてアップしました。字幕も付けたので、ろう者、手話のわからない難聴者等、聞こえる人達にも見てもらえる映像となっています。今後、この映像を見て頂き、手話言語条例の活用、初歩的な手話の普及などに使っていきたいと思います。

ありがとうメッセージ

今回の富山県手話言語条例の啓発映像制作事業では、条例特有の専門用語や言い回しが難しく、条文をきちんと読む人は限られている状態です。手話言語に翻訳することは、なかなか難しい作業でしたが、制作委員会で条文の意味を吟味し、ろう者に分かりやすい手話言語での表現に翻訳し、表現してもらったものを収録することができました。この映像を条文と並べて見ることにより、000000日本語での条文の理解も進むことが期待されます。また聞こえる人にとっても、手話言語での翻訳表現とはどんなものか理解して頂き、手話通訳の練習にも活用できる教材になったと思います。合わせて、手話言語条例制定の経過、背景、検討結果の報告を記録映像として収録しましたので、条例の理解が深められると思います。そして初歩的な手話表現を紹介する映像を用意したので、県民の皆さんにぜひ知って頂ければ、ろう者の理解、社会参加に繋がるのではないか期待しています。

いただいた寄付金は富山県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 富山県手話言語条例の啓発映像制作事業
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 社会福祉法人富山県聴覚障害者協会
活動の対象 障害児者全般
介助者・家族
住民全般
ボランティア
活動のテーマ・分野 障害者福祉
活動の機能・形態 啓発・普及
活動内容の補足事項 富山県手話言語条例の啓発映像制作事業
助成金の使途 謝礼
企画・調査・研究費
通信運搬費
消耗品費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
1
総利用者数
5
収入の内訳
共同募金助成額
150,000
活動を実施した場所 富山県聴覚障害者センター
活動を実施した年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人富山県共同募金会

〒930-0094 富山市 安住町5-21 富山県総合福祉会館内
TEL:076-431-9800 FAX:076-432-6124
URL:http://www.akaihane-toyama.or.jp
e-mail:info@akaihane-toyama.or.jp

ページトップへ戻る