<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成30年度)

NPO未来ISSEY

『Orihimeを使った病気を抱える子どもと家族のためのコミュニケーション支援事業』

赤い羽根募金からの助成額
500,000 円
具体的な活動内容

 分身ロボットOriHimeを使って、医療従事者や家族以外の人と接する機会が少ない慢性的な疾患・長期にわたる医療や入院が必要な子どもたちとその家族へ支援活動を行う。
 閉鎖的になりがちな子どもたちがOriHimeの使用により、学校の授業・行事への参加や友達との会話により、コミュニケーションの機会を増やすことで、入院・療養生活のストレス軽減が期待される。事業実施にあたり、学校との交渉やパンフレット等による認知度を高め、利用者の拡大を図る。

ありがとうメッセージ

(当事者本人の声)
 ・お忙しい中、私のためにありがとうございました。部活を離れることになり残念な気持ちでいっぱいでした。今回オリヒメを使ってみんなのうたが聞けて元気が出ました。またみんなと話ができてよかったです。
(保護者の声)
・やり残したことも、無理だとあきらめていたことも可能性を信じて実現を願えば、その思いを受け止めてくれる人は必ず現れる。実現できるかどうか以上に実現できると信じてその人たちの力に頼って一緒に立ち向かっていくことが大切!そう感じることができた夏でした。この夏のワクワクを、娘と感じた充実感を尽力してくださったスタッフの皆様の思いをこれからの糧にしていきます。”一人じゃないよ、孤独じゃないよ”心強い絆、広がりますように。

いただいた寄付金は香川県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 Orihimeを使った病気を抱える子どもと家族のためのコミュニケーション支援事業
活動の目的 日常生活支援
団体名 NPO未来ISSEY
活動の対象 長期療養者
乳幼児
児童
青少年
家族
活動のテーマ・分野 社会的孤立防止
活動の機能・形態 つながり支援
活動内容の補足事項 分身ロボットによる支援活動
助成金の使途 謝礼
施設・備品の借上料
資料・資材作成費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
総利用者数
50
収入の内訳
共同募金助成額
500,000
活動を実施した場所 四国こどもとおとなの医療センター他県内
活動を実施した年度 令和元年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人香川県共同募金会

〒760-0066 香川県高松市福岡町 福岡町2丁目-25-12 香川県共同募金会館
TEL:087-823-2110 FAX:087-823-1151
URL:http://www.kagawaken-kyobo.or.jp
e-mail:akaihane1@kagawaken-kyobo.or.jp

ページトップへ戻る