<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(平成30年度の募金をもとに行われた活動)

富山県民生委員児童委員協議会

『委員会活動事業(企画調整・地域福祉推進・児童福祉推進委員会)』

赤い羽根募金からの助成額
180,000 円
具体的な活動内容

(災害等準備金取崩し助成)
1.地域福祉推進委員会
(1)R1/9/3(火)18名:日常生活自立支援事業及び成年後見制度について専門家に講義を受けた。
(2)R2/2/21(金)19名:地元での日頃の取り組みについての情報交換・意見交換を行った。
2.児童福祉推進委員会
(1)R1/8/27(火)15名:最近の学校等における課題のある家庭について、富山国際大学村上教授より講義を受けた。
(2)R2/2/19(水)15名:地元での日頃の取り組みについての情報交換。両委員会とも、講義で認識を新たにできたことや、情報交換で活動のアイディアを得たことが成果となった。
3.企画調整会議
R2/2/25(火)11名:2つの委員会の内容をまとめ、今後の活動方針を話し合った。

ありがとうメッセージ

昨年は、皆様のご寄付のおかげを持ちまして、児童福祉推進委員会と地域福祉推進委員会で議論・検討を重ねた「富山県版活動強化方策」を策定することができました。
今年は、その「活動強化方針」を市町村版・単位民協版に繋げていきたいと考え、その進捗状況に対しての情報交換や課題を掘り下げた意見交換を実施しました。その地域ごとに抱える課題や特徴は、様々ですが、実情を踏まえた「わがまちならでは」の方策を目指しています。民生委員・児童委員にとっても地域の課題に向けた方策がしっかりしていることで活動がしやすく、心強いものとなります。
また、活動をしていくうえで、まだまだ知っておきたいことがありますが、委員会において、専門家を迎えての講義を受けることにより、今まで漠然としていたことが、理解できたとの声も聴かれました。
このような機会を与えてくださった皆様のご寄付に感謝し今後いっそう活動に励みたいと思います。

いただいた寄付金は富山県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 委員会活動事業(企画調整・地域福祉推進・児童福祉推進委員会)
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 富山県民生委員児童委員協議会
活動の対象 住民全般
高齢者全般
障害児者全般
児童
青少年
民生委員・児童委員
活動のテーマ・分野 地域活動
活動の機能・形態 研修・学習・体験
活動内容の補足事項 委員会活動事業(企画調整・地域福祉推進・児童福祉推進委員会)
助成金の使途 施設・備品の借上料
資料・資材作成費
研修費
通信運搬費
旅費交通費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
5
総利用者数
85
収入の内訳
共同募金助成額
180,000
活動を実施した場所 県内各地
活動を実施した年度 令和元年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人富山県共同募金会

〒930-0094 富山市 安住町5-21 富山県総合福祉会館内
TEL:076-431-9800 FAX:076-432-6124
URL:http://www.akaihane-toyama.or.jp
e-mail:info@akaihane-toyama.or.jp

ページトップへ戻る