<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(令和元年度の募金をもとに行われた活動)

恵和社会復帰センター

『「歳末宝物合わせゲーム」事業』

赤い羽根募金からの助成額
50,000 円
具体的な活動内容

納会までに利用者が大切にしているものをイラストに描き、ラミネートカードを作成しました。「宝物合わせゲーム」では、2枚ずつ作製したイラストを床に伏せて置き、グループ対抗で順々にめくり、揃ったイラストの合計枚数を競いました。揃ったイラストを集めやすくするためグループごとにオリジナルの手提げ袋を使用し、ゲーム終了後には該当するイラストを描いた利用者が宝物について説明を行う機会を設けました。1年の振り返りを通し、自己を表現する機会を持つことを目的とした事業。

ありがとうメッセージ

助成事業におきまして、製版機とラミネート機を導入させていただきました。大事にしているものや好きなことをイラストにし、ラミネート機を使用して宝物カードを作製しました。またさまざまなデザインを募り、製版機を使用してオリジナルの手提げバッグを作製しました。製版機を使用するのは初めてのことで、工夫して仕上げられるような案を出し合いながら準備をしていきました。納会当日には、宝物カードをイラストが見えないように裏にして、絵を合わせるゲームを行いました。ゲームを通してハラハラ、ドキドキしながら交流を楽しみ、充実した活動となりました。最後には一人ひとりの宝物を説明して、皆さんで思いを共有しあう機会を得られました。この度の活動を実施させていただいたことに心より感謝申し上げます。より一層の活動の充実を図ることのできるよう励んでまいります。

いただいた寄付金は稲敷郡阿見町で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 歳末たすけあい
活動の名称 「歳末宝物合わせゲーム」事業
活動の目的 社会福祉施設支援
団体名 恵和社会復帰センター
活動の対象 障害児者全般
テント等
活動のテーマ・分野 障害者福祉
活動の機能・形態 備品・機器・車両整備
活動内容の補足事項 ラミネート製版機
助成金の使途 備品購入費
消耗品費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
1
総利用者数
13
収入の内訳
共同募金助成額
50,000
活動を実施した場所 社会福祉法人恵和会 恵和社会復帰センター
活動を実施した年度 令和元年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人茨城県共同募金会阿見町支会

〒300-0331 茨城県稲敷郡阿見町 阿見4671-1 総合保健福祉会館内
TEL:029-887-0084 FAX:029-887-9934
URL:http://www.amishakyo.or.jp/
e-mail:fukushi@amishakyo.or.jp

ページトップへ戻る