<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(令和元年度の募金をもとに行われた活動)

社会福祉法人下田市社会福祉協議会

『福祉教育推進事業』

赤い羽根募金からの助成額
300,000 円
具体的な活動内容

小学校、中学校、高等学校の児童・生徒及び地域を対象として、社会福祉への理解と関心を高め、社会奉仕の実践と社会連帯の精神を養い、児童・生徒を通じて家庭及び地域社会の啓発をはかることを目的に福祉講座指導者の育成や、コーディネートを実施します。
講師派遣をした福祉教育講師に対し、講師料の補助を行います。
また、福祉教育教材を購入し、充実を図ります。

ありがとうメッセージ

「自分の幸せ」と「みんなの幸せ」を共に考え、自分を見つめ養う力を育成することを目的として学校や地域に対し、福祉教育プログラムの提案や、相談、コーディネートを行っています。 また、福祉教育講師に対し、日々の活動の様子や、活動中の問題など、講師同士がお互いに話し合う機会を提供し、講師の育成、新規プログラムの開発、福祉教育メニュー化などを検討し、より良い活動につなげる為の連絡会を開催しています。 皆様からお寄せいただきました募金は、新型コロナウイルス感染症予防対策や市民を対象とした上映会に使わせて頂きました。 「人とのつながり」や「人とのかかわり」を通して、心の成長を図り、人とかかわる力を育て、「誰もが心豊かに暮らせるまちづくり」に参加できる人づくりを目指していきたいと思います。 皆さんのご協力ありがとうございました。

いただいた寄付金は下田市で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(地域)
活動の名称 福祉教育推進事業
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 社会福祉法人下田市社会福祉協議会
活動の対象 災害等被災者
高齢者全般
障害児者全般
身体障害児者
児童
青少年
家族
住民全般
その他
福祉教育推進事業
活動のテーマ・分野 社会教育・生涯学習
活動の機能・形態 研修・学習・体験
活動内容の補足事項 福祉教育推進事業
助成金の使途 謝礼
企画・調査・研究費
広報費
実費弁償
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
46
総利用者数
1,237
収入の内訳
共同募金助成額
300,000
活動を実施した場所 下田市内
活動を実施した年度 令和2年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■下田市共同募金委員会

〒415-0024 下田市 4丁目1番1号 下田市総合福祉会館内
TEL:0558-22-3294 FAX:0558-22-0584
e-mail:csw-shimo@po2.across.or.jp

ページトップへ戻る