<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(令和元年度)

ぴあサポート

『視覚障害者が安心して暮らせる日常生活研修事業』

赤い羽根募金からの助成額
44,000 円
具体的な活動内容

病気や事故によって視覚障害となった人たちは、情報の収集に苦慮しているところです。日常生活においても、普段何気なくできることが、視覚障害者や高齢者は見えない、見えにくいことで、できなくなることが多くなります。これに対し、視能訓練士や歩行訓練士を講師として招き、日常生活上で困難な情報や所作(料理、食事、文字の見方、歩き方)などの研修会を開催する。
 閉じこもりがちな視覚障害者や高齢者が、自分の力でできるようになり、自立に向け生活の質の向上が期待できる。また、一人で外出できる機会が多くなり、閉じこもりが減り、健康にも役立つことになる。

ありがとうメッセージ

 この度は、共同募金の配分金をいただき誠にありがとうございました。
 視覚障害者は情報障害また移動障害ともいわれております。
 令和2年度は視覚障害者の研修会を多く開催し、高齢化の不安や物忘れについても視覚障害者としての知識を深め、またいかに移動の困難さや情報の入手に困難をきたしているかに気づかされました。
 新型コロナ感染予防の中、皆さんの協力で安心して暮らせる日常生活訓練ができ、情報収集やコミュニケーションが広がりました。
 また体験を生かした日常生活面での良い研修会により、健康面や知識の向上に役立ちました。今後もますます勉強会や研修会を行い、特に認知症などの障害を避けるための健康管理についても知識を得たいです。
 貴重な浄財を寄付していただきました皆様のご厚意にお応えするよう、さらに視覚に障害のあるひともあらゆる情報に遅れることなく頑張っていきます。ありがとうございました。

いただいた寄付金は石川県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 視覚障害者が安心して暮らせる日常生活研修事業
活動の目的 日常生活支援
団体名 ぴあサポート
活動の対象 身体障害児者
活動のテーマ・分野 障害者福祉
活動の機能・形態 研修・学習・体験
活動内容の補足事項 視覚障害者が安心して暮らせる日常生活研修
助成金の使途 謝礼
資料・資材作成費
旅費交通費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
6
総利用者数
61
部数・個数
300
部・個
収入の内訳
共同募金助成額
44,000
活動を実施した場所 金沢市近江町交流プラザ4階研修室他
活動を実施した年度 令和2年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人石川県共同募金会

〒920-8557 石川県金沢市 本多町3丁目1番10号 石川県社会福祉会館2階
TEL:076-224-1212 FAX:076-222-8900
URL:http://www.akaihane-ishikawa.or.jp/
e-mail:a-isk@akaihane-ishikawa.or.jp

ページトップへ戻る