<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(令和元年度の募金をもとに行われた活動)

奈良県中途失聴難聴者協会

『機関誌発行事業 』

赤い羽根募金からの助成額
128,000 円
具体的な活動内容

・県内の会員への情報提供と会員間の交流、親睦の増進。
・当団体行事などへのかかわりのきっかけづくりと社会参加の促進
・孤立している難聴者の掘り起こし
・全国の難聴者協会との機関紙交流による情報交換
・関係機関、関係施設への発想による社会啓発
・発行部数1回200部 18~24ページ、年間11回発行(コロナの為5月は休刊)
・当会正会員、賛助会員、要約筆記関係団体、聴覚障害者関係団体、全国の難聴者関係団体、その他関係団体等に郵送にて配布。

ありがとうメッセージ

 難聴という障害は、外見からはとても分かり難く、コミュニケーションが取れないことからくる心理的な悩みや辛さをなかなか理解してもらえません。周りから孤立する難聴者が一人でもいなくなるように、いろいろ工夫をしながら活動をしています。
 皆様からのご寄付のお陰で、毎月様々な情報を届けることができ、一人一人孤立せず、つながっていけます。紙面を通じて仲間の頑張っている様子や楽しんでいる様子が手にとるようにわかります。今年度はコロナのため、発行作業へのかかわりを呼びかけや、作業をしながらのコミュニケーションを楽しんだりすることが難しいでしたが、自分も参加してみよう、みんなに会いに行こうと思ってもらえる機関紙づくりをこれからも続けていきたいと思います。本当にありがとうございます。引き続いてのご協力をどうぞよろしくお願いします。

いただいた寄付金は奈良県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 機関誌発行事業 
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 奈良県中途失聴難聴者協会
活動の対象 障害児者全般
活動のテーマ・分野 障害者福祉
活動の機能・形態 情報・コミュニケーション支援
活動内容の補足事項 失聴、難聴者への情報提供のための機関紙
助成金の使途 通信運搬費
消耗品費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
11
総利用者数
2,400
収入の内訳
共同募金助成額
128,000
活動を実施した場所 かしはらなびプラザ内市民交流広場など
活動を実施した年度 令和2年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人奈良県共同募金会

〒634-0061 橿原市 大久保町320-11 県社会福祉総合センタ-4F
TEL:0744-29-0173 FAX:0744-29-0174
URL:http://www.nara-akaihane.com
e-mail:info@nara-akaihane.com

ページトップへ戻る