<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(令和元年度の募金をもとに行われた活動)

福島県更生保護協会

『機関誌発行事業』

赤い羽根募金からの助成額
230,000 円
具体的な活動内容

当会の収入の90%は会員会費や篤志家等からの寄附金であるが、年々減少傾向にあり、更にはマイナス金利による利息収入の激減に伴い事業を縮小せざるを得ず、広報活動の財源確保がより一層難しくなっている。
今回配分を要望する機関誌「更生保護ふくしま」は年3回発行しているもので、春・冬号は共同発行体である福島県保護司会連合会が資金担当し、犯罪や非行のない明るい社会を築くことを目的とした特集号を秋号(4,500部発行予定)として当協会が担っている。
“社会を明るくする運動”は7月を強調月間としているため、その活動写真等を秋号で照会・報告することで、地域住民や福祉関係者等の皆様の更生保護に関する理解を広めて参りたい。

ありがとうメッセージ

県民の皆さまからの温かい善意の浄財により、滞りなく機関誌「更生保護ふくしま」を発行できましたことに、心より御礼を申し上げます。
当協会は県内の更生保護に関する事業の健全な発展に寄与することを目的として、法務大臣の認可を得て設立された団体であり、主軸事業のひとつとして、犯罪予防・更生保護思想の普及広報があります。機関誌は県下約950名の保護司、約2,500名の更生保護女性会員他、関係機関・団体、更には趣旨にご賛同頂いております会員や篤志家の皆さまへの情報提供・共有に欠かせないものとなっております。
コロナ禍の厳しい社会・経済情勢に鑑みますと、当協会のような御寄付により事業を賄っている団体は安定した収入を見込むことは困難です。このような折に配分を受けることができ、深く感謝申し上げます。寄付者の皆様にいつも支えて頂いておりますこと、本当に心強く思っております。ありがとうございました。

いただいた寄付金は福島県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 機関誌発行事業
活動の目的 社会参加・まちづくり支援
団体名 福島県更生保護協会
活動の対象 更生保護関係者
住民全般
活動のテーマ・分野 更生保護
活動の機能・形態 情報提供
活動内容の補足事項 機関誌の発行
助成金の使途 広報費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
1
総利用者数
4,500
部数・個数
4,500
部・個
収入の内訳
共同募金助成額
230,000
活動を実施した場所 福島県内
活動を実施した年度 令和2年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人福島県共同募金会

〒960-8141 福島県福島市 渡利字七社宮111 県総合社会福祉センター
TEL:024-522-0822 FAX:024-528-1234
URL:http://www8.ocn.ne.jp/~akaihane/
e-mail:akaihane@axel.ocn.ne.jp

ページトップへ戻る