<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(令和元年度の募金をもとに行われた活動)

宮津市社会福祉協議会

『災害ボランティアセンター資機材(無線機5、タイピンマイク・イヤホン5)、研修事業』

赤い羽根募金からの助成額
210,000 円
具体的な活動内容

災害ボランティアセンター資機材(無線機5、タイピンマイク・イヤホン5)、研修事業
災害ボランティアセンターの運営がますます重要になってきている中で、無線機はセンター運営や訓練において必要不可欠となっており、購入を検討しています。平成29年、30年と宮津市では被災を受けており、災害ボランティアセンターを立ち上げております。現在、宮津市社協では、無線機を1台も所有しておらず、実際に被災を受けた際、サテライト、他の班との連絡、情報交換の際に近隣社協より無線機を借用している状態で整備が急務となっています。
また、市民の皆さんに防災や減災、災害ボランティアの基礎や企業の災害時支援について学んでいただく研修を実施いたします。
(災害等準備金取崩し助成)

ありがとうメッセージ

令和元年度共同募金寄付金事業(令和2年度実施事業)を活用し、災害時に役立つ備品を購入することができました。平常時、災害時にでも市民同士の顔の見える関係づくりを目指しています。
無線機、イヤホンにつきましては、災害時の情報共有、被災地状況を事務局等にスムーズに伝えるツールとして活用したいと思います。ありがとうございました。

いただいた寄付金は京都府で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称 災害ボランティアセンター資機材(無線機5、タイピンマイク・イヤホン5)、研修事業
活動の目的 災害対応・防災
団体名 宮津市社会福祉協議会
活動の対象 災害等被災者
要介護高齢者
住民全般
災害ボランティアセンター
活動のテーマ・分野 災害対応・防災
活動の機能・形態 備品・機器・車両整備
活動内容の補足事項 災害ボランティアセンター資機材(無線機5、タイピンマイク・イヤホン5)、研修事業
助成金の使途 研修費
備品購入費
建物・備品の維持管理費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
1
総利用者数
40
部数・個数
1
部・個
収入の内訳
共同募金助成額
210,000
活動を実施した場所 宮津市社会福祉協議会
活動を実施した年度 令和2年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人京都府共同募金会

〒604-0874 京都府京都市 中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375 ハートピア京都
TEL:075-256-9500 FAX:075-256-9505
URL:https://akaihane-kyoto.or.jp
e-mail:kyoto-akaihane@akaihane-kyoto.or.jp

ページトップへ戻る