<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(令和2年度の募金をもとに行われた活動)

聴覚・ろう重複センター碧

『機器備品整備:非常用蓄電池(バッテリー、ソーラーパネル)』

赤い羽根募金からの助成額
110,000 円
具体的な活動内容

<現在の状況>当施設には、医療的ケアが必要な利用者がおり、その内の数名は吸引器を使用し定期的な痰吸引を行っている。吸引器を動かすために建物の電源コンセントを利用しているが、停電や災害時には電源が使用できず吸引ができなくなり、利用者の命にかかわる恐れがある。
<どのように改善したいか>停電や災害時でも電気が供給できるように非常用蓄電池(ポータブル電源)を設置し、利用者の医療ケアの安全を確保したい。
<期待される効果>蓄電池はコンセントでの充電の他にソーラーパネルでの電気蓄積が可能であり、停電や災害時でも電気の確保ができる。いざという時でも電気が使用でき、喀痰吸引を必要とする利用者の命を守ることができるため非常に効果は大きい。

ありがとうメッセージ

皆様からの貴重なご寄付をいただきまして、配分金により新しく非常用蓄電池、ソーラーパネルを整備することができました。心より御礼申し上げます。
私どもの施設は、名古屋市守山区により聴覚に障害をもつ方、他の障害を併せもつ方が通われており、利用者の中には吸引を必要とされている方がみえます。最近は地震などの自然災害が全国各地で発生するなかで、施設のなかでもいざという時に慌てず落ち着いて避難ができるように災害を想定とした避難訓練を年4回実施しています。万が一災害が起きた時、停電により電気が復旧するまでの間、非常用蓄電池を使い吸引を必要としている方にすぐに使用できるように安心安全な環境を整えていきます。また、地域のなかで非常用電池があることを広め、困っている方に使っていただけるように助け合いの輪を作っていきます。皆様からの温かいご厚意を大切にします。誠にありがとうございました。

いただいた寄付金は愛知県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 NHK歳末たすけあい
活動の名称 機器備品整備:非常用蓄電池(バッテリー、ソーラーパネル)
活動の目的 社会福祉施設支援
団体名 聴覚・ろう重複センター碧
活動の対象 身体障害児者
障害児者全般
児童
青少年
災害等被災者
活動のテーマ・分野 障害者福祉
活動の機能・形態 備品・機器・車両整備
活動内容の補足事項 機器備品整備:非常用蓄電池(バッテリー、ソーラーパネル)
助成金の使途 備品購入費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
1
総利用者数
25
収入の内訳
共同募金助成額
110,000
活動を実施した場所 聴覚・ろう重複センター碧
活動を実施した年度 令和3年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人愛知県共同募金会

〒461-0011 名古屋市東区白壁 一丁目50番地 愛知県社会福祉会館内
TEL:052-212-5528 FAX:052-212-5529
URL:http://www.aichi-akaihane.or.jp/

ページトップへ戻る