<span>赤い羽根募金のつかいみち</span><span>赤い羽根募金のつかいみち</span>

赤い羽根募金の助成で行われた活動(令和2年度の募金をもとに行われた活動)

社会福祉法人AJU自立の家

『障害者の孤立を防ぐため障害当事者と共に担い手を発掘する事業』

赤い羽根募金からの助成額
300,000 円
具体的な活動内容

障害者が地域で生活を送るうえで、介護ヘルパーは欠かせない存在である。しかし、新型コロナウイルスの影響により学生等の非常勤ヘルパーが感染を恐れ激減しており、障害者の孤立がいつ起きてもおかしくない深刻な状況にある。ヘルパー業務に興味を持っていただき、担い手を発掘することを目的に、コロナ禍での現状の生活やヘルパー活動の様子、併せて感染予防方法を伝え、安心してヘルパー活動が行えることを障害者と共に映像編集機器を使用し、インターネット等を活用して映像配信を行うための機器(ビデオカメラ、パソコン等)を購入したい。担い手が増えることにより、障害者の孤立を防止し、地域と新たなつながりを構築することも可能となる。

ありがとうメッセージ

介護業界は、人材不足が慢性化している現状にあります。さらに、新型コロナウィルス感染拡大は、障害がある人の地域生活にも、介護者不足というかたちで深刻な状況をもたらしています。今回、配分金を活用し、介助の様子などを撮影し、インターネット配信ができたことにより、「少しだけど、手伝えることがあれば」と言ってくださる方もあり、たいへんうれしく思いました。このことにより、新たな人とのきずなができ、利用者、職員、一丸となって、コロナウィルスに立ち向かおうという気持ちにもなることができました。寄付をいただいた方には、感謝申し上げると共に、みなさんと一緒にコロナ禍を乗り切りましょう。ありがとうございました。

いただいた寄付金は愛知県で実施される活動に活用されます

活動の詳細

募金の種類 NHK歳末たすけあい
活動の名称 障害者の孤立を防ぐため障害当事者と共に担い手を発掘する事業
活動の目的 日常生活支援
団体名 社会福祉法人AJU自立の家
活動の対象 その他
身体障害児者
新型コロナウィルス感染症の影響下で日常生活に困難を抱える人
活動のテーマ・分野 社会的孤立防止
活動の機能・形態 つながり支援
活動内容の補足事項 障害者の孤立防止、地域生活支援のための事業
助成金の使途 備品購入費
活動の頻度・利用者数・個数・部数
実施回数
57
総利用者数
2,850
収入の内訳
共同募金助成額
300,000
活動を実施した場所 AJU自立の家
活動を実施した年度 令和2年度

この団体への助成一覧および助成履歴を表示する。

この活動をご覧になった感想を
ご記入ください。

入力し、送信ボタンをクリックしてください。送信した内容は、中央共同募金会を通じて地域の共同募金会に送られます。
ご協力、ありがとうございます。

お問い合わせ

■社会福祉法人愛知県共同募金会

〒461-0011 名古屋市東区白壁 一丁目50番地 愛知県社会福祉会館内
TEL:052-212-5528 FAX:052-212-5529
URL:http://www.aichi-akaihane.or.jp/

ページトップへ戻る